So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

バーバーショップのショーを聴く機会が増えて気がかりなこと(1) [感想]

日本でもバーバーショップ・ハーモニーが受け入れられて
 日本で最初のバーバーショップは、1958年に福岡で結成されたBrauer Donk(青蛙、1965年ころまで活動)というカルテットが最初だろう。
 コーラスとしては、女声の方が早く、1980年以前から活動する東京コーラスが、アメリカのSweet Adeline Internationalに加盟して活躍し、その他にも女声のコーラスがいくつか生まれている。
 一方、男声は、1992年に創立し、バーバーショップ・ハーモニー協会に加盟して活動している東京バーバーズが、長いこと、日本で唯一のバーバーショップ・コーラスだった。
 しかし、1990年度チャンピオン・カルテットACOUSTIXが2000年に来日し、日本ツアーを行ってから、多くのバーバーショップ・カルテットが生まれ、その後、関西に男声のバーバーショップ・コーラスThe Rockersが生まれた。また、広瀬康夫氏の指導で、金沢メンネルコールをはじめとして、西日本のいくつもの一般の男声合唱団が定期演奏会で、バーバーショップのステージを設けている。
 さらに、各地の男声合唱フェスティバルや合唱祭でバーバーショップのグループが目立つようになり、今年(2018)はなんと、7月の第7回全日本男声合唱フェスティバルの合同合唱の一つが広瀬さん指揮のバーバーショップだし、8月の軽井沢国際合唱フェスティバル2018にはスウェーデンからバーバーショップ・コーラスZERO8がゲストで参加するという。いよいよ日本にもバーバーショップが広まって来たか、と感慨に浸っているところである。しかし・・・・・

バーバーショップの日本式化は御免被りたい
 バーバーショップの楽しさ、面白さは何か、と言えば、基本的にはエンターテインメントで、そのために、演奏では、衣装、パフォーマンス、表情、と工夫するし、ショーでも聴衆が知っている曲目を選んで、ショー全体を楽しんでもらおうとしている。 
 ところが近年、日本のバーバーショップのカルテットやコーラスの演奏を聴く機会が増えるにつれて、気がかりなことが出て来た。皆さんは確かに、衣装や司会による曲目解説などには工夫をしていることは理解できる。しかし、ただ突っ立って、表情乏しく歌い、さらに悪いことには、半分以上の曲目が、一般聴衆の知らない曲とはいったい何なのだろう。これでは、どこがエンターテインメントなのだろうか。「日本式の合唱」と何も変わらない、こんなことを続けていると、バーバーショップが一般聴衆から悪い方に誤解され、せっかく注目されるようになったのにソッポを向かれてはたまらないと思うのだが。
(続く)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

第7回全日本男声合唱フェスティバルin伊豆の国 [ご紹介]

第7回全日本男声合唱フェスティバルin伊豆の国
 本フェスティバルが2018年6月30日(土)~7月1日(日)に、伊豆の国市長岡総合会館「アクシスかつらぎ」で開催される。
2018dansei-チラシ1のコピー.jpg
フェスティバルのチラシ

合同合唱の曲目
場所柄、全体の合同合唱は 草野心平作詩 多田武彦作曲「富士山」から第壱、第肆、第貳拾壹の3曲を歌う。他に、3人の指揮者による次の合同合唱がある。
伊藤恵司教室:「グリークラブアルバムNEXT」から、「壁きえた」「語らいの途中」(カワイ出版)
広瀬康夫教室:"Sound Celebration"、"I've Been Workin' On The Railroad"、"Irish Blessing"
山脇卓也教室:「グリークラブアルバムNEXT」から、「オン ザ ロード」「酒頌」「なごり雪」

傾向
5月初旬の参加状況(個人参加を除く):
 もっとも参加合唱団が多いのは山脇卓也教室で、東北地方から中国地方までカバー。
 次いで、広瀬康夫教室で、東京や静岡の合唱団もあるが、残りは関西から九州と言った西日本。
 伊藤恵司教室は、「壁きえた」という良い曲があるのに、あまり歌われていないせいか、この時点では静岡と長野の2合唱団。
 以前、東京都男声合唱フェスティバルで、公募合唱団がバーバーショップを歌った時の聴衆の熱い反応を思い出す。にもかかわらず、関東からの参加が少ないのは、広瀬さんのような指導者が関東に居ないことの反映だろうか。しかし、バーバーショップの聴衆の受けの良さを考えると、これからはどこの合唱団もバーバーショップを無視することは出来ず、確実に広まって行くように感じられてならない。
 7月1日が大いに楽しみだ。
(終)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今年はスウェーデンのコーラスでお楽しみ [ご紹介]

チラシをもらった
 ある演奏会に行ったら、プログラムに一杯チラシが入っていて、その中にスウェーデンのコーラスとカルテットのチラシがあった。
20180426Ringmasterssss.jpg
スウェーデンのバーバーショップ・カルテットRingmastersのチラシ

軽井沢国際合唱Zero8上.jpg
スウェーデンのバーバーショップ・コーラスZero8(ゼロ エイト)のチラシ(上半分)
軽井沢国際合唱Zero8下s.jpg
スウェーデンのバーバーショップ・コーラスZero8(ゼロ エイト)のチラシ(下半分)

 どうしてスウェーデンかとおもったら、今年が日本とスウェーデンとの国交樹立150周年に当たるそうだから、そのせいだろうか。

カルテットはともかくコーラスまで!
 カルテットは2012年度のチャンピオンで、昨年も来日しているのでともかく、コーラスまでやって来るとは!日本の合唱人にはなじみの薄いバーバーショップが受け入れられるかどうか、少々疑問に思っているところである。

念のため、youtubeでお聴きいただきたいものだ
 さっそくyoutubeを調べたら、いくらでも聴くことが出来ることが分かったので、お聴きいただきたい。
Zero8 (http://www.zero8.se/)
軽井沢国際合唱フェスティバル(http://karuizawa.koyukai.info/2018guest/zero8/)の招待合唱団の説明の中でも数曲観て聴くことが出来る。
Ringmasters (https://ja-jp.facebook.com/RingmastersQuartet/)

以上。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

男声合唱は面白かった [感想]

昔、男声合唱は面白かった
 昭和30年代から男声合唱を聴き、歌っていると、男声合唱作品の多くが素晴らしい詩を選び、美しいメロディとハーモニーで作曲されている。そんな作曲家たちに、感謝の念を持ったものだ。それで、男声合唱以外には目もくれず、男声一筋に生きて来た。

それでは、最近は?
 最近の男声合唱団の演奏会に行ってもさっぱり面白くない。面白くない理由は、ここ20年間に作られた男声合唱作品の多くが、歌い方が悪く無いのに歌詞は聴き取れず、メロディもハーモニーも美しく無い。これでは、聴いていて面白くもおかしくも無い。

どうしてそうなったか?
 (以下は誰かさんの受け売りだが、)組曲重視で演奏会を組むと言う「悪しき伝統」のために、組曲を歌い尽してしまう。その結果、組曲なら良し悪しには関係なく何でも歌う、という合唱団のせいでは無いだろうか。それで、作曲家の中には、このような状況に安住して、聴いて面白くもおかしくも無い組曲を作り続ける、と言うこともあるのではなかろうか。
 皆さんはこれらのことをどうお考えになっているのだろうか?
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

JAMCA東北・八戸演奏会 [感想]

JAMCA 東北・八戸演奏会
 第23回日本男声合唱協会演奏会(JAMCA 東北八戸演奏会)が、八戸メンネルコールがホスト団体となり、今年(2017年)7月16日(日)に八戸市公会堂で行われた。北は青森から西は宮崎まで、全国から17団体と個人参加で300人以上の男声合唱団員が集まり、成功裏に終了したと聞いた。何はともあれ、実におめでたい限りである。そして、八戸メンネルコールを始め、JAMCAの役員の皆さん、ご苦労様でした。
http://jamca.web.fc2.com/

合同曲
 全体の合同合唱はケルビーニの「レクイエム」だった。この曲は、歌いたくても少人数の合唱団で演奏するには荷が重すぎるので(大曲すぎるので)、大勢集まるこのような機会にこの曲を選曲するのは「あり」だろう。ただ、八戸市民の聴衆が、演奏をどう受け止めたかが気になった。視覚的には舞台上の大人数、聴覚的には大音量、共に驚いたことだろう。しかし、ラテン語の歌詞は聴いても内容が分からないので、この長大な曲を聴かせられた聴衆は、さぞや大変だったろう。合唱団が歌いたい曲を選ぶことも大事だが、今後は、聴衆のことも考えた合同曲の選曲が必要だろう。演奏を聴きに来てくれた聴衆の多くは、音楽にも、合唱にも、それほど慣れていないと考えられるので。

それはともかく、演奏会のご成功、おめでとうございます。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

横浜並木男声合唱団 [感想とご紹介]

歌い踊る男たちの合唱団
 これは、2017年5月25日付朝日新聞神奈川版朝刊の見出しである。そんな合唱団が神奈川県にあって、定期演奏会では2千人収容の横浜みなとみらいホールの大ホールを一杯にするという。
20170525横浜並木男声合唱団朝日朝刊データ減少3.jpg
朝日新聞の記事

横浜並木男声合唱団
 この記事の横浜並木男声合唱団は、神奈川男声合唱協会(KAMCA)の一員で、KAMCA演奏会で私も何度か聴いたことがある。
 世の中の多くの合唱団は、一般の人が知らない曲をただ突っ立って、と言う言い方が悪ければ、乏しい表情で、かつ、ほぼ不動の姿勢で歌うのだ。聴いて面白いわけもなく、演奏会場の聴衆も普通には身内か知り合いしか居ないから、大きな会場は埋まらない。
 他の合唱団もぜひ、見習って欲しいものだ。
(完)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

全日本合唱連盟創立70周年に際して(提言) [私の意見]

全日本合唱連盟創立70周年式典
 2017年5月20日(土)に東京で掲記の記念式典が開催され、新聞記事(下記)によると、第一回合唱コンクールに参加した関学グリーなど4団体が歌声を披露したそうだ。実におめでたいことである。
20170521合唱連盟70周年朝日朝刊.jpg
朝日新聞記事(2017.5.21.)

 合唱連盟のHPによれば、東京からは、東京ウィメンズ・コーラル・ソサエティと松原混声合唱団が招かれている。第一回合唱コンクールに参加した東京リーダーターフェルは招かれていないが、このところコンクールに参加していないので、連盟への貢献と言う観点からは当然か。

合唱連盟の意識
 合唱連盟のHPには、「わが国は、世界の中で最も合唱の盛んな国のひとつです。合唱団の数は、小・中・高校、大学、職場、おかあさんコーラス、一般と、あわせて数万に達します。これらの合唱団に所属する人たちはみな、合唱を楽しむことによってひろく音楽に親しみ、わが国の音楽文化のまことに大きな基盤を築きあげているのです。合唱音楽の普及と向上、合唱団の育成と指導、そして音楽文化の発展に寄与することを目的とします。」とある。

この意識に対して
 合唱連盟のHPに書かれた内容には、なんか違和感がある。
 まず、誇らしげに「わが国は、世界の中で最も合唱の盛んな国のひとつです。」とあるが、その意味は合唱団の数と合唱人口のようだ。
 確かに、「小・中・高校」は、熱心な教師がコンクール参加を目指し、ある数の合唱団が維持されている。大学は、学生運動盛んだった、衰退の時期からはずいぶん復旧したように見えるが、1960年代の人数と熱気にはまだまだ戻っていない。職場の合唱団は、昔に比べればそんなに多くはない。おかあさんコーラスは元気が良く、演奏スタイルが現代的で、これは盛んと言える。ところが一般合唱団は、一部の若手の団員が集まった合唱団は別として、全般的に高齢化が止まらず、行く末が案じられる状況である。
 また、「合唱団に所属する人たちはみな、合唱を楽しむことによってひろく音楽に親しみ、」との表現にも違和感がある。合唱団内で周りを見回しても、歌うこととその後の飲み会を楽しんではいるが、来日した素晴らしい合唱団の演奏を聴いたり、合唱以外にもひろく音楽に親しんでいる団員がたくさんいる、とは、とても考えられないからだ。

記念式典での理事長の挨拶にも違和感がある
 記念式典での岸信介理事長が、「合唱の普及にさらに努め、世界の平和に貢献したい」とあいさつした、と新聞記事にあることも気になった。それは、日本の合唱界の現状に、何ら疑問を持っていないような発言に聞こえるからだ。
 現在の日本の合唱界は、歌っている人たちだけの自己満足で、聴衆はまったく満足していないことには気が付いておられないようだ。(おかあさんコーラスを除いて)訳の分からない、歌詞が聴き取れない合唱作品を、楽しいのか、嬉しいのか、面白いのか分からないような、無表情のまま棒立ちで歌うからだ。そんな合唱演奏を、演奏会場に来た市民は聴かせられているのだ。
 だから、理事長が言う「合唱の普及」とは、単に合唱団の数とか、合唱団員の人数が増やすことだけを言っているようで、合唱好きの一般の人たちを増やすことは考えておられないように聞こえる。エストニアほどではなくても、合唱が一般国民に親しまれ、愛されることを目指すことは、お考えの中に入っていないようだ。
 「世界の平和に貢献したい」との発言は、世界平和に関してどのような思いを持ち、どんな形で活動したいと考えているのか、不明である。そのような「言葉遊び」をするより、合唱がより一般市民に親しまれ、愛されることを目指し、そのためにはどんな方法があり、どんな手順で進めるのが良いのか、を考える方がよほど生産的ではあるまいか。

合唱連盟の目標は?
 上に書いたことは、現在の合唱界から見れば少数意見かもしれない。しかし、心から合唱を愛する市民が増え、その中から合唱団に入る人が出てくれば、より市民に近い合唱活動をする合唱団が増えるのではないだろうか。そして、それこそが、言葉通りの「合唱の普及」になり、連盟の将来的な目標になるのではないか、と思うのだが、いかがだろうか。
(終)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Around Singers The Final”結(musubu)”を聴いて [感想とご紹介]

このコンサートは

Cover濃くss.jpg
プログラム表紙

 北村協一先生が指揮をなさった演奏会は数々あっても、実を言うと、私がAround Singersのコンサートを聴いたのは1996年の第3回だけである。あるご縁で、先生が指揮する演奏会を続けて聴くようになり、先生のお住まいに招かれたこともあった(先生ご自身が淹れてくださった美味しいコーヒーを思い出す)。そして、関学グリーの定演で、先生の最後の指揮となった多田武彦作曲「雨」を聴いた時の感動は忘れられない。
 そんな思い出があるところにこの演奏会のご案内をいただいた。

演奏曲目
 コンサートは2017年2月5日、第一生命ホールで開催された。

プロ1s.jpg

プロ2s.jpg
ステージ紹介

第1ステージ:「アイヌのウポポ」-は、聴き応えがあった。練習中に「ヘハンネ」の飛び出しをしたら、「前に置く『貯金箱』に罰金を入れること」と北村先生がおっしゃった、と後でステージで話が出たが、「貯金箱」は必要が無かった。
第2ステージ:「系譜」と称し、これまで歌った曲の中から8曲を、北村先生の薫陶を受けた7人の指揮者が振った。この演奏会を通して、「上を向いて歩こう」の時だけ、歌い手の表情が緩んだ。ということは、他の曲を歌う時は実に生真面目な姿勢と表情で歌っていた。
第3ステージ:「わがふるき日のうた」は、久しぶりに聴いた多田節は実に心地良かった。

気になったこと
 「わがふるき日のうた」は、歌ったことは無いが、三好達治の詩は多少は記憶にあった。ところが、である。演奏を聴いていて、歌詞がさっぱり聴き取れないのだ。私の周りの人たちは、プログラムに印刷されている歌詞を一生懸命追いながら聴いている。その紙の音がうるさくてたまらなかった。
 帰途、電車の中で読んでみて、何故歌詞が聴き取れないのかが分かった。

歌詞1s.jpg

歌詞2s.jpg
歌詞の頁

 中でも独り笑いしたのは「みみず」「みみず」と何度も聴こえたのは「みみずく」だった。
 言葉を聴き取れず、意味が分からなかったのはほぼ全体にわたるが、若干の例を挙げれば、「蝶のやうなわたしの郷愁」(V)、「つねならぬ鐘鳴りいでぬ」(VI)、「鶏鳴か五暁かしらず」(VI)など、文字を読んでも意味がすぐには分からない。まして、合唱演奏に漢字は無い。
 合唱演奏で歌詞が聴き取れないという問題は、演奏した合唱団の責任では無い。合唱作品にこのような詩を選ぶこと自体が問題なのではなかろうか。(合唱演奏で歌詞を聴き取れないのはよくあることなので、メロディとハーモニーを楽しむのが日本的な合唱の鑑賞法だと、私は半分は諦めている。)
(終) 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

野坂操寿さんのこと [ご紹介]

2017年2月3日付 日経新聞「文化」欄
 2017年2月3日付 日本経済新聞「文化」欄に、私の敬愛する筝曲者 野坂操寿さんのことが「筝進化25絃の深い音色 ・音域4オクターブ、西洋楽器とコラボや現代楽曲演奏・」載っているので、ご紹介する。(記事全体どころか、上半分でもスキャンしたデータ量が1Mを超え、ここにアップ出来ないので、肝心の部分だけ。)
20170203日経野坂さん写真ターフェル.jpg
2017年2月3日付 日本経済新聞「文化」欄 筝曲者 野坂操寿さん

 この記事の中で、「最初に弦を20本に増やす決意をしたのは68年暮れ。きっかけは男声合唱団のドイツ公演に同行したことだった。聴衆が初めて聴く筝の音色に興味を示したのを見て、大事なのは形ではなく音色なのだと悟った。」とあるのは、男声合唱団東京リーダーターフェル1925が1968年に第一回ドイツ演奏旅行をした時のことである。この旅行中に、同じく同行した作曲家の三木稔と話し合った中でアイデアが生まれた、と聞いたことがある。以下は、記事の一部を、私の知識と併せてご紹介する。

二十絃筝の完成
 ドイツから帰国後、野坂さんは二十絃筝の完成に精力的に取り組み、69年春に完成する(絃の数は名前より1本多い21弦になった)と、三木さんは二十絃筝の作品を作曲し、その年の11月の演奏会で演奏した。この演奏会で野坂さんは、芸術祭奨励賞を授与された。

二十五絃筝の完成
 その後いろいろあって、野坂さんは作曲家 伊福部昭の(筝ではない楽器の)作品に出会って感動し、それらの曲を演奏するために二十五絃筝を完成させた。伊福部さんは、この楽器のための作品をいくつか作曲したが、他の作曲家の作品も含めて、二十五絃筝のための作品は100曲を超えているとのことである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東海メールのワンステ・メンバー第一回練習 [ご紹介]

11月13日の練習
 前回ご紹介した、東海メールクワイアーの来年3月の定演で募集した「トルミスの作品」のワンステージ・メンバーの最初の練習が11月13日(日)にありました。曲は、トルミス作曲による「幼き日の思い出」と「大波の魔術」で、どちらも素晴らしい作品です。歌詞がエストニア語やラテン語なので、歌っていて言葉の意味は分からないのですが、事前に歌詞の内容と作曲上の音との関係を説明してもらうと、その情景が歌っている中で感じられ、歌っていて心の中で興奮してくるのが感じられ、嬉しくなります。実に素晴らしい2曲です。
00s.jpg
「幼き日の思い出」楽譜表紙
00表紙s.jpg
「大波の魔術」楽譜表紙

本番の指揮者アンツ・ソーツ氏
 以前、東海メールがエストニアの合唱曲を並べ、アンツ・ソーツ氏の指揮を名古屋まで聴きに行ったことはありました。実は、オルフェイ・ドレンガーの創立150周年の記念行事が2003年にスウェーデンのウプサラで開催された時の「世界男声合唱シンポジューム」で、パネリストを務めていたアンツ・ソーツ氏と身近に接したことがありました。
 今回、東海メールクワイアーが自分たちの定演で、「トルミスの作品」のワンステージ・メンバーとして氏の指揮で歌えるという、素晴らしい機会を作ってくれました。氏とまたお近づき出来ることを、東海メールには、いくら感謝の言葉をささげても足りないくらいです。
 ただ気になるのは、今回のワンステージ・メンバーの募集に対して、参加するのは10数名。これまでの、邦人作曲家の作品を歌うワンステージ・メンバーの募集に比べると、極端に少ないと聞いて、日本の男声合唱団員の内向きの姿勢を見たような気がして、実に寂しい限りです。
 私は、邦人作曲家による最近の合唱曲に対して大きな疑問を感じています。いったい日本の合唱界をどんな方向に向けようとしているかまったくわからない前途視界不良の、歌詞は面白くも可笑しくも無く、メロディもハーモニーも美しくも無ければ感じるところも少ない、そんな作品が多いと思うのです。願わくば、島国根性から抜け出し、世界に目を広げ、海外の素晴らしい合唱作品に触れ、歌うことによって、合唱の面白さをもっともっと感じて欲しいと願っています。
世界は広い、合唱はもっと広い
 日本語なのにその歌詞が聴き取れないような合唱曲が多いのですから、日本語の合唱にこだわる必要もないでしょう。本当に美しいメロディやハーモニーを経験し、楽しみたいと思うなら、聴衆に聴いて欲しいと思うなら、そのような作品は世界中にはいくらでもあります。日本の合唱界も、もっともっと世界に目を広げようではありませんか。
<完>
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -