So-net無料ブログ作成
検索選択

NHK-FM オルフェイ・ドレンガー放送 [ご紹介]

<急告>
2月22日(水)午後7時20分から9時まで、NHK-FM「ベスト オブ クラシック」でオルフェイ・ドレンガーの東京公演が放送されます。
テレビと違って時間が長いので、下記のように、第二部の楽しい演奏も聴くことが出来ます。
また、CDから「海の夜明け」も追加されて放送されます。
お楽しみに!

「べスト オブ クラシック」
- スウェーデン王立男声合唱団“オルフェイ・ドレンガー”演奏会 -
「オルフェイ・ドレンガー賛歌」ベルマン作曲、アルヴェーン編曲
                       (0分59秒)
「小姓マスグレイヴとバーナードのバラード」   ブリテン作曲
                       (9分17秒)
                (ピアノ)フォルケ・アリーン
「夜 D.983c」            シューベルト作曲
                       (3分31秒)
「セレナード D.920」         シューベルト作曲
                       (5分47秒)
                 (バリトン)ウッレ・ペション
                 (ピアノ)フォルケ・アリーン
「“5つのスロバキア民謡”作品28 から 黒髪の娘」
                       クルジチカ作曲
                        (4分10秒)
「“合唱のためのコンポジション 第6番”から 第2楽章」
                       間宮芳生・作曲
>                        (2分34秒)
「“東洋民謡集4”から 宮崎県民謡“刈干切唄”」
                      池辺晋一郎・作曲
                       (5分06秒)
「“東洋民謡集4”から ベトナム民謡
       “コラ 空を舞うコウノトリ”」池辺晋一郎・作曲
                       (2分21秒)
「平和の賛歌」                ロッシーニ作曲
                       (5分12秒)
                 (バリトン)ウッレ・ペション
                 (ピアノ)フォルケ・アリーン

「シェナンドーア」   アメリカ民謡、ジェームズ・エルプ編曲
                       (3分47秒)
「ムオアイヨウム」  ヒルボリ作曲、エリック・エリクソン編曲
                       (9分27秒)
「谷間の王の百合」             ウィカンデル作曲
                       (3分29秒)
「女学生」  ラコーム・デスタラン作曲、エイナル・ラルフ編曲
                       (4分07秒)
                (バリトン)ウッレ・ペション
                (テノール)アンデシュ・アンデション
                (ピアノ)フォルケ・アリーン
「さくら」         日本古謡、ローベルト・スンド編曲
                       (3分42秒)
「さあ、大いに飲もう」
      スウェーデン民謡、ヴィルヘルム・スヴェドブム編曲
                       (1分33秒)
「私達の牧場で」 スウェーデン民謡、フーゴ・アルヴェーン編曲
                       (2分30秒)
「ラ・クカラチャ」   メキシコ民謡、ローベルト・スンド編曲
                       (2分37秒)
(合唱)スウェーデン王立男声合唱団“オルフェイ・ドレンガー”
                 (指揮)ローベルト・スンド
  ~東京オペラシティ・コンサートホールで収録~
「海の夜明け」               アルヴェーン作曲
                       (3分51秒)
(合唱)スウェーデン王立男声合唱団“オルフェイ・ドレンガー”
                 (指揮)ローベルト・スンド
               <Bis KKCC-2139>


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

HIRO

大阪でODの演奏を聴きました。圧倒的な歌唱力と第2部で見せた楽しいパフォーマンス、両者をあわせもつODはやっぱり世界最高の合唱団ですね。
海外の合唱団はお客さんを楽しませるためにいろいろ工夫してきますね。京都で行われた合唱シンポジウムに参加してつくづくそう思いました。
by HIRO (2006-03-01 01:47) 

sixteentons

HIROさん、
ODの演奏は良かったでしょう、私も感激して3公演を聴いてしまいました。
(あるウエブサイトによると)ODは数年後(5年以内)にアジア・ツアーを予定していて、日本にも来たいと思っているようですが、まだ誰も呼ぼうという動きは無いそうです。80人の大所帯ですから招聘するのは大変でしょうが、どこかが呼んでくれるとうれしいですね。
ところが、JAMCAが会員に声をかけたように、昨年のツアーでのチケットの売り上げはあまりよくなかったようですから、それでは音楽事務所も二の足を踏むでしょう。
もっとも、こんな素晴らしい合唱団の演奏ですら、日本の男声合唱団員が大挙して聴きに行くようなことがないという状況では、実現は無理ですかね。残念です。
by sixteentons (2006-03-02 21:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。